BIO

Michael Rikio Ming Hee Ho (born 1996, Hawaii) is a Cantonese, Japanese American artist currently practicing in Tokyo. Ho graduated summa cum laude with a BA in fine arts from the University of California at Los Angeles (UCLA) in 2018. In the UCLA art department, Ho worked under and among the department's artists/professors: Barbara Kruger, Lari Pittman, Andrea Fraser, Catherine Opie, Adrian Wong, Adrian Saxe, Mary Kelly, and Silke Otto-Knapp. At the end of 2018, he moved to Tokyo, Japan and began showing work in Tokyo, Hong Kong, and Los Angeles.

マイケル・リキオ・ミング・ヒー・ホー (1996年、ハワイ生まれ)は、東京を拠点とする広東系日系アメリカ人アーティストです。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)芸術学部で美術を学び、2018年に最優等賞を取得して卒業。ホーは、鑑賞者と作品の間に対話的な関係性をもたらす絵画・立体作品を制作します。バーバラ・クルーガーやアンドレア・フレイザーといったアーティストに師事したホーはしばしば、単体だと挑発的とも捉えることのできる象徴的な記号や大胆なテキストを、複雑に組み合わせることで不条理ともコミカルとも言える曖昧な鑑賞体験を作り出します。意図的にメッセージ性が不明瞭な作品は、見る者に解釈を強いる力を持つとも言えるでしょう。